書道入門 楷書について

楷書の授業①〜九成宮•孔子廟堂〜

私がオススメする『勉強しておくといい楷書古典4選』のうち、

今回は2つを解説していきます。

  • 九成宮醴泉銘の特徴
  • 書き方
  • 孔子廟堂碑の特徴
  • 書き方

九成宮醴泉銘の特徴

①縦長で、背勢の字形

②鋭い起筆と直線的な点画

③点画を等間隔に空け、空間に広がりのでる構成

・引き締まって見える ・横画は右上がり ・点画が等間隔
厳密で切れ味鋭い筆使い

点画の接し方や空間の取り方が綿密に工夫され、縦長で胴体を引き締めた字形になっている。

点画は、鋭い起筆で切り込むような書きぶり。

九成宮は、楷書の基礎中の基礎です。とにかく何度も書いて楷書の基礎をマスターしてください☺︎

孔子廟堂碑の特徴

①縦長で、向勢の字形

②力みすぎない自然な運筆

③左側を密に、右側の空間を強調する構成

・向かい合う縦画が外側に膨らみ、丸み帯びている ・起筆h軽く ・転折は角張らず、払いは伸びやかに引き抜いている ・左に寄せて中心をとる
明るく穏やかでのびのびとした筆使い

筆の弾力を生かした、軽快な筆使いで書かれている。

伸びやかな線、力を内に込めた温和さに、高い品格が感じられる。


どちらの古典も楷書の基礎となる古典なので、必ず勉強しましょう。

ただ字が上手くなりたいという方も、お手本となる古典なので、ペンでも筆文字ペンでも練習すると必ず上達します!!

嘘だと思ってやってみてください☺︎

楷書の特徴

楷書の授業②➖雁塔聖教序・牛橛造像記➖

-書道入門, 楷書について
-, , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。